山行隊(やまいきたいっ!)

yamaikitai.exblog.jp

毎日が山への想いで一杯! のんびり自然を愛でましょう(⌒ー⌒)ノ~~~

△ 夏の富士山を登る △

【 日 付 】 2018年7月15日(日)~16日(月)  ≪日帰り≫
【 山 域 】 富士山 剣ガ峰(標高3,776m)
【 メンバー】 隊長:かめ  隊員:ゆきちゃん、ぶっち、きみ   計4名
【 天 候 】 晴れ
【 ル ー ト 】 1日目(0.5km):富士宮口五合目 ...六合目(1泊)
2日目(15.7km):六合目 ...小平地(小屋跡)...新七合目 ...元祖七合目 ...八合目 ...九合目 ...九合五勺 ...駒ヶ岳 ...3765m地点 ...剣ヶ峰 ...3765m地点 ...3693m地点 ...久須志神社 ...下山道標識 ...本八合目 ...八合目(下江戸屋分岐)...緊急避難所(石室)...2638m地点 ...獅子岩 ...下山道出口 ...六合目 ...泉ヶ滝 ...スバルライン五合目 ...堰堤 ...ベンチ ...御庭(御庭山荘跡)...奥庭(御庭)...奥庭荘(1泊)
3日目(6.4km):奥庭荘 ...屈曲点 ...三合目 ...棧敷山 ...二合目 ...一合目    
【 行 程 】 歩行距離: 22.6km  高低差:2417m 歩行時間:13時間(休憩&昼食含む)
【コ メ ン ト】 今回の山旅は日本の山岳中、群を抜いた高さを誇る世界文化遺産の富士山。どこから眺めても円錐形の均整のとれた姿は美しく、年間を通して人々の目を楽しませてくれる。日本で一番高い山、美しい山であれば、一生に一度は登ってみたいとの声もあり、折角なので樹海を経由して富士山を思いっきり楽しむことにした(#^.^#) 山小屋や石室には外国の人々も山頂を目指して登り、山は一大リゾート化し5合目のターミナルでは大混雑(@_@) 
それなこんなの山レポです(^^♪
f0348933_22351655.jpg
日本最高峰の富士山剣ヶ峰(標高3776m)




f0348933_22014412.jpg
今回の富士登山ルート(かめ隊長のみ)。都合により先発隊と富士山剣ヶ峰にて待ち合わせて全員で下山するという変則登山となった...(;^_^A
f0348933_22051322.jpg
午前4時37分に宝永山荘を出発し、午前5時14分に御来光山荘直下でご来光を迎えた(^◇^)
f0348933_22072933.jpg
午前5時24分に御来光山荘へ 小屋の周りは登山者で賑わっていた(^-^;
f0348933_22082983.jpg
登山道にはイワツメクサ
f0348933_22084417.jpg
フジハタザオ
f0348933_22091079.jpg
午前6時12分振り返り見る眼下の景色
f0348933_22101163.jpg
八合目宿泊所
f0348933_22104556.jpg
両サイドにコインを押し込んだ木が...(;'∀')
f0348933_22111907.jpg
午前6時56分萬年雪山荘へ到着(^.^)
f0348933_22114963.jpg
鳥居横の登山道に座り込む登山者達...お疲れ様です~(^-^;
f0348933_22130730.jpg
既に下山の行列が出来ていた
f0348933_22140244.jpg
登山道には行き倒れご一行様が...💦
f0348933_22144492.jpg
山裾のスカイライン
f0348933_22150450.jpg
溶岩帯の急登となる
f0348933_22153033.jpg
高度を上げるに従い傾斜も増してくる💦
f0348933_22165158.jpg
お鉢直下での登山道では多くの登山者で渋滞ぎみ
f0348933_22225874.jpg
午前7時48分、富士宮口を登りつめると正面に浅間神社奥ノ院に到着(*^^*) 隣の郵便局では登頂証明書を買うことができるので思わず記念に買ってしまった(^-^;
f0348933_22242345.jpg
奥宮側には駒ヶ岳
f0348933_22245973.jpg
駒ヶ岳山頂から見る剣が峰方面
f0348933_22252731.jpg
剣ヶ峰と火口
f0348933_22283210.jpg
剣ヶ峰への最後の登り、もうひとふんばりすると、最高地点の剣ヶ峰だぁ~(`・ω・´)b
f0348933_22285997.jpg
山頂にはかつては毎日データを送り続けていた気象観測所跡が残る、行列は山頂碑前での撮影待ち💦
f0348933_22001093.jpg
日本の最高峰、富士山の剣ヶ峰に午前8時17分に登頂~(*^^)v
f0348933_22295449.jpg
最高地点の岩場とお鉢を望む
f0348933_22302936.jpg
山頂より白山岳を望む
f0348933_22310184.jpg
実は剣ヶ峰の山頂碑の横が最高地点なのだ~ 早速、合流したメンバーと記念ショット(*^^)v
f0348933_22381831.jpg
噴火口全景。天候に恵まれ噴火口の周囲を歩く御鉢巡りを楽しんだ一行(*^^)v
f0348933_22425409.jpg
山頂でお昼を頂き、吉田口(下山)へ向かう
f0348933_22441835.jpg
大沢崩れ上部より下界を望む
f0348933_22445930.jpg
山頂を振り返えれば右には大沢崩れも
f0348933_22462242.jpg
お鉢の溶岩の横を通る
f0348933_22471432.jpg
前方の雷岩方面へ向かう
f0348933_22480106.jpg
奥庭までそのまま下れそうだが...(;^_^A
f0348933_22484765.jpg
荒涼とした砂礫の径を行く
f0348933_22555195.jpg
鉄分を含むため赤く染まる台地
f0348933_22565228.jpg
スカイラインをよく見ると御鉢を巡る登山が見える
f0348933_22580586.jpg
吉田口の登山道側へ回り込んできた
f0348933_22583857.jpg
吉田口の山頂小屋前では老若男女が押し寄せ、山小屋からは人があふれ広場のベンチは超満員...💦
f0348933_23052728.jpg
山頂の自販機。1本500円なり~(@_@)
f0348933_23061324.jpg
午後2時12分下山開始!!
f0348933_23064391.jpg
砂埃の九十九折りの登山道を下る
f0348933_23073753.jpg
下江戸屋分岐
f0348933_23075572.jpg
下山者が土煙を上げて激下る~(>_<) マスクは必須だぁ~(*_*;
f0348933_23091605.jpg
広い道幅の下山道
f0348933_23093416.jpg
数回シェルターが現れる
f0348933_23112767.jpg
午後3時40分、ようやく五合目近くまで下りてきた(@_@)
f0348933_23130218.jpg
道端の石楠花
f0348933_23133216.jpg
午後4時過ぎ、泉ヶ滝へ下山した
f0348933_23141954.jpg
奥庭に咲く石楠花
f0348933_23145062.jpg
奥庭より見上げる少し夕焼けに染まった赤富士
f0348933_23164474.jpg
最終日の朝に奥庭展望地より南アルプスを遠望
f0348933_23171260.jpg
宿泊地の奥庭荘
f0348933_23175945.jpg
奥庭荘を8時過ぎに出発し清々しい精進口登山道を下る
f0348933_23193649.jpg
富士山にもこんな美しい森の静かな良い場所があるんだよね~(*^^)v
f0348933_23203009.jpg
苔生した樹海の登山道を行く
f0348933_23211619.jpg
沢山の苔に囲まれ咲いていた白い可憐な花
f0348933_23220838.jpg
歩きやすい径を森林浴
f0348933_23225513.jpg
苔生した森
f0348933_23234274.jpg
もふもふのスギゴケ
f0348933_23250499.jpg
そんな静かな登山道を歩いていると何とあの野口健さんが登ってきた(@_@) 思わず記念撮影をおねだりする一行であった!(^^)! 何でも前日に樹海のゴミ拾いをしたとの事で今日は2日目との事。コメントも面白い気さくな人でした(^_-)-☆
f0348933_23280660.jpg
こけ~~~
f0348933_23283146.jpg
広く開けた大地に出る
f0348933_23290281.jpg
大地にある案内板
f0348933_23292148.jpg
フナの森を下る
f0348933_23293978.jpg
遠く南方より飛んできたアサギマダラ
f0348933_23300301.jpg
精進口登山道二合目のブナ林
f0348933_23302030.jpg
一旦林道を横切る
f0348933_23303691.jpg
樹海の中を進む
f0348933_23310770.jpg
登山道から少し入った風穴
f0348933_23313689.jpg
樹海の森を進むと一合目もすぐだ
f0348933_23315177.jpg
一合目に到着(*^^)v
全員無事に富士山登山を完了!(^^)!
もうお腹いっぱいの山旅になりました(#^.^#)
それではまた(@^^)/~~~


by yamaikitai | 2018-07-28 23:38 | 登山 | Comments(0)