山行隊(やまいきたいっ!)

yamaikitai.exblog.jp

毎日が山への想いで一杯! のんびり自然を愛でましょう(⌒ー⌒)ノ~~~

△ 夏の大雪山系を歩く △

【 日 付 】 2018年7月6日(金) 【北海道遠征1日目】 ≪日帰り≫
【 山 域 】 大雪山系 旭岳(標高2,291m)
【 メンバー】 隊長:かめ 隊員:みっちゃん、きみ 計3名
【 天 候 】 晴れ時々曇り
【 ル ー ト 】 姿見 ...姿見の池 ...噴気活動展望台…姿見の池 ...旭岳 ...間宮岳分岐 ...中岳分岐 ...中岳温泉 ...裾合分岐 ...夫婦池 ...姿見
【 行 程 】 歩行距離:12.3km 高低差:696m 歩行時間:6時間40分(休憩&昼食含む)
【コ メ ン ト】 今回の山旅は北海道で最も高い山で「日本の百名山」にも選ばれている標高2,291mの旭岳。北海道の屋根と言われる大雪山国立公園の北側に位置し、高原帯が広く展開しており、高山植物の種類も豊富。7月下旬に向けてピークとなる高山植物の花々は、足元をカラフルに染め、アイヌ語で「カムイミンタラ」(神々の宿る庭)と称されるまさに楽園の様子。日本で最も早く紅葉が訪れる場所として知られており、9月中旬から下旬にかけて見られる紅葉は、姿見エリアから始まり日ごとに旭岳温泉へと移っていきます。この時期は大雪山国立公園に広がる荘厳な色づきを見ようと多くの観光客が訪れます。
それなこんなの山レポです(^^♪
f0348933_19565406.jpg
北海道の屋根と言われる大雪山系旭岳山頂にて 360度の大展望を楽しんだ(*^^)v




f0348933_19583581.jpg
今回歩いた旭岳周遊ルート(*^^*) 北海道の最高峰を堪能した(*^^)v
f0348933_20001060.jpg
姿見の池の周辺からジェット機の轟音のような噴気(@_@)
f0348933_20014695.jpg
姿見の池の上部より旭岳山頂を見上げる
f0348933_20020489.jpg
登山道脇にはキバナシャクナゲが咲いた(^.^)
f0348933_20030647.jpg
ジェット機の轟音の様な音が響く噴気口
f0348933_20040052.jpg
旭岳山頂目指し登る
f0348933_20041858.jpg
振り返り見る眼下の姿見
f0348933_20045529.jpg
荒々し旭岳の山肌
f0348933_20052191.jpg
火山である旭岳山頂を仰ぎ見る
f0348933_20055231.jpg
登りながら左に見る荒涼とした景色
f0348933_20064837.jpg
六合目
f0348933_20070515.jpg
振り返り見る姿見の風景
f0348933_20075338.jpg
山頂を仰ぎ見る
f0348933_20081469.jpg
名勝、金庫岩
f0348933_20085517.jpg
旭岳山頂に到着(*^^)v
f0348933_20092306.jpg
黒岳方面の眺望
f0348933_20093747.jpg
白雲岳方面
f0348933_20100466.jpg
南旭岳
f0348933_20102259.jpg
山頂を後にして雪渓を下る
f0348933_20104651.jpg
花の熊野岳
f0348933_20110251.jpg
にこちゃんマークで有名な熊野岳
f0348933_20112124.jpg
間宮岳へのロード
f0348933_20113712.jpg
間宮岳山頂
f0348933_20115269.jpg
火口
f0348933_20122730.jpg
分岐点
f0348933_20124556.jpg
正面には北鎮岳
f0348933_20131135.jpg
登山者で賑わう分岐点
f0348933_20134176.jpg
分岐より下る
f0348933_20135737.jpg
残雪の比布岳
f0348933_20142862.jpg
赤い蛍
f0348933_20144339.jpg
チングルマ
f0348933_20145976.jpg
温泉沢
f0348933_20152251.jpg
黄色の花
f0348933_20154358.jpg
温泉の雪渓を下る
f0348933_20155843.jpg
雪渓を行く
f0348933_20161408.jpg
花の旭岳
f0348933_20162936.jpg
姿見へ続く木道を歩く一行
北海道遠征1日目の山行は旭岳(*^^)v
当初の縦走登山は天気予報の関係で断念(;^_^A
お陰で山麓からのビップ山行となりました(*^^*)
出は2日目に続く...(@^^)/~~~


by yamaikitai | 2018-07-22 20:19 | 登山 | Comments(0)