山行隊(やまいきたいっ!)

yamaikitai.exblog.jp

毎日が山への想いで一杯! のんびり自然を愛でましょう(⌒ー⌒)ノ~~~

△ 新緑と石楠花 堂満岳~比良岳縦走 △

【 日 付 】 2018年5月5日(土)  ≪日帰り≫
【 山 域 】 比良山系 堂満岳:標高1057m、烏谷山(からとやま):標高1076m、比良岳:標高1051m)
【 メンバー】 隊長:びわじぃ  隊員:え~やん、きょうみちゃん、さかいのさん、きみ、かめ   計6名
【 天 候 】 晴れ
【 ル ー ト 】 イン谷口 ...ノタノホリ ...724m地点 ...堂満岳 ...南比良峠 ...荒川峠 ...葛川越 ...比良岳(1051m) ...大岩谷分岐 ...中谷出合下
【 行 程 】 歩行距離:14.8km 高低差:842m 歩行時間:7時間44分(休憩&昼食含む)
【コ メ ン ト】 今回の山旅はシャクナゲ咲く堂満岳から比良岳に縦走登山。堂満岳は比良山系のほぼ中心に位置し、山頂付近は比良山系有数の石楠花自生地。山頂付近には多くの石楠花で華やぎ、多くの登山者が淡い色の花を愛でていた...(#^.^#) 登山道からは石楠花のほかに頭上にはシロヤシオ、足元にはイワカガミが咲き一行を楽しませてくれていた。今回も天気に恵まれ良い山行となった。
それなこんなの山レポです(^^♪
f0348933_09224363.jpg
堂満岳山頂付近に咲く石楠花(シャクナゲ)




f0348933_09281943.jpg
今回の縦走ルート。比良岳からの下山ルートは崩壊が激しくお勧めできません。出来れば別のルートを選択ください...💦
f0348933_09310239.jpg
登山口のイン谷口より歩くこと1時間ほどで標高450mに静かに佇む比良山系最大の池、ノタノホリに到着(*^^) 夏にはモリアオガエルの産卵が見られるらしいぞぉ~
f0348933_09344758.jpg
んっ...❔ びわじぃ...(・・? それって最新の左右対称メガネ...(・・? あれっ?? レ、レンズが~~~ ないっ(^◇^)
f0348933_09401855.jpg
新緑の谷沿いに進む
f0348933_09440847.jpg
イワカガミも登山道脇に顔を見せてくれる(#^.^#)
f0348933_09444552.jpg
新緑が美しい堂満東陵道を登る
f0348933_09460265.jpg
急登の登山道から顔を上げるとシロヤシオが咲き登りの疲れも忘れさせる...(*^^*)
f0348933_09485517.jpg
山頂に近づくにつれ、次第に石楠花の花が多くなる。見上げると青空に石楠花が映える
f0348933_09510121.jpg
振り返ると琵琶湖をバックに石楠花がええやん(^^♪
f0348933_09514879.jpg
山頂直下の見事な石楠花~(#^.^#)
f0348933_09533979.jpg
濃い目のピンクの石楠花
f0348933_09560563.jpg
決して広くない堂満岳山頂に次々に登頂してくる登山者を縫って記念撮影(*^^)v
f0348933_09582984.jpg
山頂付近の石楠花
f0348933_09585841.jpg
同じく山頂付近に咲く石楠花
f0348933_10001879.jpg
堂満岳山頂から琵琶湖のパノラマが広がる
f0348933_10015396.jpg
休憩もそこそこに山頂を後にする。山頂より直ぐの開けた場所よりコヤマノ岳を望む
f0348933_10054705.jpg
堂満岳山腹より釈迦岳の眺望(^_-)-☆
f0348933_10064933.jpg
登山道脇にはやっぱり石楠花
f0348933_10071902.jpg
山頂から20分程で東レ新道分岐へ。これより左へと折り返し比良岳を目指す!
f0348933_10105332.jpg
縦走路の脇にもシロヤシオ(^.^)
f0348933_10121147.jpg
12時前でお腹も空いたので南比良手前の展望地でランチタイム(^.^) アワワもうまい(^_-)-☆
f0348933_10131262.jpg
南比良峠
f0348933_10153487.jpg
オオカメノキ
f0348933_10145232.jpg
堂満岳をバックに森を行く
f0348933_10161043.jpg
またまたシロヤシオ~
f0348933_10164126.jpg
荒川峠
f0348933_10173488.jpg
登山道脇にはもふもふの苔が...
f0348933_10183514.jpg
蓬莱山を望める開けたところで休憩タイム(^.^)
f0348933_10201604.jpg
新緑の森を行く一行
f0348933_10203662.jpg
縦走路からの景色も素晴らしい~(^_-)-☆
f0348933_10212785.jpg
烏谷山(からとやま)標識。これより少し右に入り山頂へ向かう!
f0348933_10224555.jpg
烏谷山より堂満岳
f0348933_10231803.jpg
烏谷山から琵琶湖
f0348933_10233822.jpg
烏谷山から蓬莱山
f0348933_10235846.jpg
団体登山者で賑わう烏谷山(1076m)にて(フレーム外には人であふれている...💦)
f0348933_10255968.jpg
烏谷山を早々に南へと続く縦走路を南下。展望地の良い場所から打見山~蓬莱山の眺望が見渡せる
f0348933_10283229.jpg
縦走路脇の石楠花
f0348933_10285854.jpg
葛川越(かつらがわごえ)
f0348933_10304514.jpg
葛川越から暫く登ると大きな岩が点在
f0348933_10313710.jpg
大きな岩の上より振り返り烏谷山全景
f0348933_10323998.jpg
大岩
f0348933_10330174.jpg
大岩から琵琶湖を俯瞰。対岸には沖島や奥島山が望める(`・ω・´)b
f0348933_10341655.jpg
比良岳標識。比良岳山頂はこれより右(西)へ数分の場所にある。踏み跡を辿り進む!!
f0348933_10354961.jpg
広ーい比良岳山頂部
f0348933_10362157.jpg
大きな木に置いてあった山頂表示板をお借りして登頂記念撮影(*^^)v
f0348933_10375397.jpg
比良岳より蓬莱山を望む
f0348933_10385702.jpg
比良岳標識より最短破線ルートの下り
f0348933_10401610.jpg
でもその登山道は崩れ落ちていた...💦
f0348933_10410162.jpg
傾斜の緩いところは歩きやすい径になる
f0348933_10415340.jpg
木や石には赤や青のペンキで目印がある登山道
f0348933_10422689.jpg
谷への分岐点。ここで尾根か谷かのルート選択に迷ったが、結局地図にあった破線ルートを行くことに...(・・?
f0348933_10441376.jpg
綺麗なイワカガミ
f0348933_10444090.jpg
こちらは珍しい白いイワカガミ
f0348933_10451301.jpg
九十九折りの登山道を下るとやはり谷では崩壊が進んでいた...💦
f0348933_10461713.jpg
崩落地を谷へと降り谷沿いに下山する(;^_^A
f0348933_10474842.jpg
谷にはミニケルンとピンクリボン
f0348933_10482757.jpg
フィックスロープを補助にして急斜面をトラバース...💦
f0348933_10491248.jpg
多くの崩落地があるぞぉ~(-_-;)
f0348933_10495416.jpg
ようやく荒川越からの登山道と大岩谷分岐で合流!ふ~(*^^*)
f0348933_10514925.jpg
歩き始めて7時間40分、中出谷出合に無事下山(*^^)v
ゴールデンウィークも重なり多くの登山者で賑わう山旅でした。
天気や花に恵まれ素晴らしい山行となった。
またえーやんはうん十年ぶりの懐かしき良き日の思い出が沢山甦った良い山行となり嬉しい限りです(^.^)
帰りには比良とぴあで♨、ディナーは和邇のラーメン藤にて本日の山行の締めを行った。
それではまた(@^^)/~~~


by yamaikitai | 2018-05-06 11:04 | 登山 | Comments(0)