山行隊(やまいきたいっ!)

yamaikitai.exblog.jp

毎日が山への想いで一杯! のんびり自然を愛でましょう(⌒ー⌒)ノ~~~

△ 飛騨の怪峰 錫杖岳 △

【 日 付 】 2017年9月23日(土)  ≪日帰り≫
【 山 域 】 北アルプス 錫杖岳(標高2168m)
【 メンバー】 個人山行
【 天 候 】 晴れ後曇り
【 ル ー ト 】 中尾高原口...槍見温泉...錫杖沢出会...錫杖の岩小屋...二股...鞍部...錫杖岳(往復)
【 行 程 】 歩行距離:12km 高低差:1100m 歩行時間:9時間(休憩&昼食含む)
【コ メ ン ト】 今回の山旅はクライミングで有名な飛騨の名峰錫杖岳。今回も多くのクライマーで賑わっていました(#^.^#) 前日の天気予報につられてここ北アルプスまで愛車で深夜便を発進。眠い目をこすりながら中尾高原口の駐車場へ着いたのは午前2時。そそくさと眠りについて朝6時に目覚めると駐車場は既に満車状態。流石に北アルプスの山域は人気が高いのぉ~
それなこんなの山レポです(^^♪
f0348933_09565821.jpg
ここは何処? ガスガスの錫杖岳山頂にて錫杖を手に...天気予報では晴れだったような...(;^_^A




錫杖岳はクライマーを対象とする山で一般ルートはありません。ルートは沢をひたすら詰めて山頂下の鞍部へと。そこからは踏み跡を頼りに山頂を目指すのであります(^.^)
f0348933_10000290.jpg

午前7時にこの駐車場より出発!(^^)!
f0348933_10070948.jpg

槍見温泉のある登山道より登山届を提出。バリエーションルートのため自粛しなさいとの命を無視してのぼるきみ。案の定、下山後時はヘロヘロに...💦 言わんこっちゃない(-_-メ)
f0348933_10041685.jpg

暫く登るとクリヤ谷沿いの登山道となる
f0348933_10082006.jpg

クリヤ谷左岸を登っていくと錫杖岳の大岩峰が見えてくる。ここ錫杖沢の出会より左手に下る
f0348933_20171064.jpg

クライマーのテントが張ってある錫杖沢出合に下り錫杖沢を見上げる。ここからは正式な道がないので小滝の連続する沢を詰めるか、沢沿いのクライマー道を行く
f0348933_20205118.jpg

ここはクライマー道から錫杖の岩小屋への分岐点。ここを左に下る(約30秒)と錫杖の岩小屋へ降り立つ。
f0348933_20222659.jpg

前に川の流れる岩小屋に到着!(^^)!
f0348933_20262458.jpg

岩小屋沿いの本沢を登る
f0348933_20274678.jpg

滝の連続する沢を遡上する。水際を登るときにはグローブはびちょびちょだぁ~((+_+))
f0348933_20290846.jpg

ひたすら沢登り(*^^)v
f0348933_20302193.jpg

右手を見上げると錫杖岳の岩峰が迫ってくるぞぉ~
f0348933_20310002.jpg

再び沢は左右に分かれるが、ここは右へと進路をとった
f0348933_20314686.jpg

沢には淡いピンクのシモツケソウが咲いていた
f0348933_20325877.jpg

右には岩峰が聳えたつ
f0348933_20334279.jpg

次第に沢の水も少なくなり正面には岸壁が迫る
f0348933_20350425.jpg

沢は笹原の中へ稜線へと伸びていく。写真の右から登り暫く進むと左へトラバース気味になる。
f0348933_20365707.jpg

トラバースから抜けるとやがて沢は笹の茂る道となる。笹薮の径では笹を両手で掴んで急登を登る...(;^_^A
f0348933_20382871.jpg

急登の笹薮を登り鞍部へと飛び出した(*^^)v
f0348933_20393908.jpg

鞍部から稜線を右へと微かな踏み跡を辿り、主に裏側を巻いて登っていく
f0348933_20401283.jpg

立木や木の根を手掛かりに急斜面を登っていく
f0348933_20425715.jpg

歩き始めて4時間30分で錫杖岳山頂に到着(*^^)v 天気が良ければアルペン的風景が広がりクライマー気分で大満足のはずなのだがぁ~(@_@)
f0348933_20432829.jpg

登頂を果たしたが少々後悔気味のきみ...💦
f0348933_21185693.jpg

狭い岩の山頂には名物のピッケルが立ててあるよん(^.^)
f0348933_20445597.jpg

山頂より雲の間から錫杖沢を俯瞰する
f0348933_20544956.jpg

本峰直下より迫力の大岸壁を見上げる\(◎o◎)/!
f0348933_20555220.jpg

山頂へと突き上げる岩稜帯
f0348933_20580706.jpg

岩間にはウスユキソウも咲いている
f0348933_20591094.jpg

沢を軽快?に下りながら前衛フェース?を見あげる
f0348933_20594008.jpg

時折クライマーの声がこだまする岩峰群
f0348933_21001549.jpg

眼前の穂高の山々の山頂部には雲がかかる。下界は晴れているのになぁ~(>_<)
f0348933_21020558.jpg

錫杖沢出会へと下り立つと所狭しとクライマーのキャンプ場となっていた
f0348933_21034740.jpg

歩くこと約9時間で駐車場へと辿り着き、ここ新穂高の湯の露天風呂(無料)で疲れた体を癒したのでした...(#^.^#)
f0348933_21060420.jpg

このコースは明瞭な登山道がないので初心者には向きません。
事前の準備と装備で望んでくださいまし(^-^;
それではまた(@^^)/~~~

by yamaikitai | 2017-09-24 10:10 | 登山 | Comments(0)