山行隊(やまいきたいっ!)

yamaikitai.exblog.jp

毎日が山への想いで一杯! のんびり自然を愛でましょう(⌒ー⌒)ノ~~~

△ 上平寺登山口より登る冬の伊吹山 △

【 日 付 】 2017年3月5日(日)  ≪日帰り≫
【 山 域 】 滋賀県湖北 伊吹山(1377m)
【 メンバー】 個人山行
【 天 候 】 晴れ後曇り
【 ル ー ト 】 京極氏屋形・庭園跡...伊吹神社...上平寺城跡...弥高尾根・上平寺尾根分岐点...伊吹山(1377m) _(往復)
【 行 程 】 歩行距離:9.6km 高低差:1150m 歩行時間:7時間30分(休憩&昼食含む)
【コ メ ン ト】 今回の山旅は国内でも有数の豪雪地帯にそびえる伊吹山。予定ではメンバーとスキーに行く予定だったが頭位めまい症と診断されたかめ。ふらつく頭ではスキーやスノボをする勇気はありませしぇん。そのためスキーはキャンセルさせてもらう事にした。がっ、しかし、やることがない...。そこで行ってみたかったバリエーションルートで冬季の伊吹山にでも登りましょう(*^^*) 辿ったルートは静かで先人の雪のトレースを頼りに山頂へと続く道。そんな尾根をひたすら登り辿り着いた景色はいかに...?!
それなこんなの山レポです(^^♪
f0348933_03372424.jpg
登山ルートより見上げる伊吹山




f0348933_03484039.jpg
今回の辿ったルート。歴史探訪にもお勧め(^^)v
f0348933_03424482.jpg
駐車地にある京極氏のゆかりの案内板
f0348933_03431787.jpg
伊吹神社を過ぎ上平寺城址へ向かう
f0348933_03440062.jpg
杉林を抜けると明るい尾根へと飛び出るぞぉ~
f0348933_03450213.jpg
軽快に踏み跡を頼りに登る
f0348933_03453381.jpg
京極氏三の丸跡
f0348933_03460700.jpg
上平寺城址の案内板
f0348933_03473678.jpg
広くて明るい上平寺城址本丸跡
f0348933_03481710.jpg
五合目への標識
f0348933_03504662.jpg
登山道からは大迫力の伊吹山が迫ってきた~(@_@)
f0348933_03515908.jpg
お腹も空いたので伊吹山の絶景をおかずにランチタイム(*^^*)
f0348933_03524610.jpg
では山頂目指して雪の稜線を登りましょう!(^^)!
f0348933_03534982.jpg
登りながら右手には伊吹山ドライブウェイの通る尾根が見える
f0348933_03544684.jpg
頭上には日輪の光が降り注ぎ、日焼けには気をつけよぉぉ~~💦
f0348933_03553779.jpg
高度を上げ奥には養老山脈も見えてきた
f0348933_03565019.jpg
登山道より山頂を望むが少し曇り空になってきたようだ...(;^_^A
f0348933_03580345.jpg
振り返ると左の霊仙山と右の琵琶湖の眺望が待っていた(*^^)v
f0348933_03591662.jpg
山頂直下より琵琶湖を俯瞰
f0348933_03595329.jpg
ようやく辿り着いた山上台地
f0348933_04010036.jpg
振り向くと登ってきた尾根も見える
f0348933_04013309.jpg
伊吹山山頂(三角点)の眺望
f0348933_04025424.jpg
伊吹山付近より見る北の景色。白山、乗鞍、御岳などが遠望できる(*^^)v
f0348933_04043101.jpg
伊吹山山頂にて
f0348933_04052822.jpg
下りに撮影した弥高寺方面の分岐
今回の山旅ではアイゼンを使用したが、雪が重く踏み抜きも多いためスノーシューがあればよかったかも...
また、山頂直下は急斜面のためピッケルを使用して登下降するほうが良い。
ついでにヒップそりも忘れずに...(^^)v
ではではまた(@^^)/~~~


by yamaikitai | 2017-03-07 04:38 | 登山 | Comments(0)