山行隊(やまいきたいっ!)

yamaikitai.exblog.jp

毎日が山への想いで一杯! のんびり自然を愛でましょう(⌒ー⌒)ノ~~~

△ 晩秋の日本コバ △

【 日 付 】 2016年11月20日(日)  ≪日帰り≫
【 山 域 】 鈴鹿山系  日本コバ(標高934m)
【 メンバー】 隊長:かめ  隊員:さかいのさん、きみ   計3名
【 天 候 】 曇り後小雨
【 ル ー ト 】 藤川橋駐車地…日本コバ登山口...岩屋...政所分岐...日本コバ...政所分岐...衣掛山(標高828m)...政所...藤川橋駐車地
【 行 程 】 歩行距離:12.4km 高低差:605m 歩行時間:5時間45分(休憩&昼食含む)
【コ メ ン ト】 今回の山旅は雨で翌日の山行となった日本コバ。珍しい名前にひかれて多くの登山者が訪れる鈴鹿山脈の支脈に位置する東近江市の静かな山。登山道もよく踏まれていて歩きやすいが、谷を幾つも渡渉したり岩場を通過するので注意したい。天候は概ね曇り空だが、静かな晩秋の美しい落葉樹林をたどり日本コバへの旅を楽しんだ。
それなこんなの山レポです(^^♪
f0348933_10120175.jpg
駐車地周辺の県道からの美しい紅葉




f0348933_11025201.jpg
今回の辿った周回ルート。
f0348933_10133629.jpg
午前7時30分、県道から階段を登ると登山届ボックスがある日本コバ登山口より元気に出発です(^^♪
f0348933_10162287.jpg
登山口から間もなく紅葉風景が出迎えてくれた
f0348933_10175428.jpg
緑の苔が美しい春日社
f0348933_10191020.jpg
直ぐに一回目の渡渉、滑るので足元に要注意!
f0348933_10205328.jpg
藤川谷を下に見ながら落葉の小径を行く
f0348933_10215953.jpg
暫く進むと藤川谷の広いエリアで暫しの休憩をする
f0348933_10242619.jpg
休憩地点より谷の上流の紅葉風景
f0348933_10253063.jpg
またまた谷を渡り樹林帯を行く。周囲の岩は苔の緑が美しいのですよ☺
f0348933_10275992.jpg
このコースには200mおきに設置されている案内標識があり距離感が把握しやすい。因みにここはコース中間地点。
f0348933_10303489.jpg
日本コバへの標識
f0348933_10305858.jpg
苔の緑と紅葉が美しい(#^.^#)
f0348933_10313707.jpg
急登のトラバースルートを行く
f0348933_10323352.jpg
岩屋の手前の岩場が現れた~!
f0348933_10333863.jpg
ロープと岩を手掛かりに登ると岩屋に到着!(^^)!
f0348933_10344435.jpg
岩屋から眺める山肌を染める紅葉。もっと天気が良ければ紅葉の色も映えるのにな~(´;ω;`)
f0348933_10364798.jpg
政所コースの分岐にやってきた。道標に従い左(日本コバ)へと進む
f0348933_10382650.jpg
歩くこと3時間。静かな日本コバ山頂に到着。この日の一番乗りだろうか?山頂には我らだけなのでここで早めの昼食にした。ところがこの後、次から次へと登山者が押し寄せてきた。あっという間に山頂は人だらけに...💦
f0348933_10413457.jpg
下山は元来た道を戻り分岐から政所へ進路をとり衣掛山山頂(標高828m)に11時30分に到着
f0348933_10441617.jpg
ここは大山谷分岐
f0348933_10473275.jpg
政所(左)へと下る
f0348933_10483940.jpg
杉林と紅葉の中を下る
f0348933_10492866.jpg
12時45分、無事に政所への降りついた
f0348933_10501429.jpg
後は県道を駐車へ戻る。途中のコセチ谷の紅葉も美しい(*^^)v
今回訪れた日本コバは永源寺ダムより見ると山頂が平らで丘のように見える。天気が良ければ気を付けて見てもらえばあ~、あの山か!と...。
それではまた(@^^)/~~~


Commented by きょうこ at 2016-11-24 22:51 x
お天気はイマイチだったようですが、紅葉が綺麗な感じですね♪ 私も18日に六甲登山の下見に行ってきました!
コースは、水車谷登山口→(1:15)→ごろごろ岳→飯盛尾根経由(0:30)→奥池→熊笹峠経由(1:00)→宝殿IC上→(0:20)→石宝殿→(0:10)→一軒茶屋(六甲山頂)です。()内は、およその所要時間。
まず、ごろごろ岳までの道ですが、実はここは土石流警戒地域にあたり、その名の通り石がゴロゴロしていたり、登山道が小川になっている処が2箇所あり、倒木が道を塞いでいる処が3箇所ほどありました。しかし急登はほとんどなく、登っては緩やかな道を行く登りやすい道だと思います。ただ、大雨の後などは、ぬかるみが多くて歩きにくいかも・・・? ごろごろ岳山頂は、奥池の住宅街の端にあります。ここから六甲山頂が望めますよ! 飯盛尾根は芦屋と西宮の境界尾根で、今回初めて歩いた道ですが、歩きやすい道でした。2-3分ショートカットできる道を発見しました! また奥池には、大きな鯉が泳いでいました。 因みに、うちの上水道はここの水です。 奥池から熊笹峠に向かう道に入り、芦有道路を横切ると、再び登りが始まりますが、それほどの急登はなく、ここも登りやすい道だと思います。ただ、熊笹峠と言うだけあって、登山道の両脇に熊笹が生い茂り、場所によっては、ひざ・太もも・腰まである熊笹をかき分けなければならなかったりします。(胸まである処もありました)ここを登り切ると宝殿ICの上に出ます。ここからは、車道と登山道を交互に行き、一軒茶屋に至るという感じです。
今度は、時間があって、お天気がよければ、鷹尾山(城山)→荒地山→雨ヶ峠→七曲り→一軒茶屋コースも行って来ようと思います。ここは何回か行ったことがありますが、こちらの方が少ししんどいコースかな?と思います。また、上級者向けに滝の茶屋→地獄谷→キャッスルウォール→ブラックフェース→荒地山(前に皆さんと行ったコースを少しアレンジしてグレードアップしたコース)というのもあります!
では、12月に皆さんとお会いできることを楽しみにしています♪
Commented by yamaikitai at 2016-11-25 07:39
今子ちゃん、レポートありがとー😉👍🎶
今から12月の六甲山行が楽しみです👌
取り急ぎ御礼まで。 かめ
by yamaikitai | 2016-11-23 11:06 | 登山 | Comments(2)