山行隊(やまいきたいっ!)

yamaikitai.exblog.jp

毎日が山への想いで一杯! のんびり自然を愛でましょう(⌒ー⌒)ノ~~~

△ 展望の阿星山 △

【 日 付 】 2016年11月3日(木)  ≪日帰り≫
【 山 域 】 湖南市 阿星山(標高693m)
【 メンバー】 隊長:かめ  隊員:境野さん、恵子ちゃん、よっし~、京美ちゃん、み~ちゃん、守くん、きみ   計8名
【 天 候 】 晴れ
【 ル ー ト 】 長壽寺付近駐車地...(林道)...登山口...展望台...阿星山...(林道)...長壽寺付近駐車地
【 行 程 】 歩行距離:10.2km 高低差:550m 歩行時間:4時間50分(休憩&昼食含む)
【コ メ ン ト】 今回の山旅は湖南市にある阿星山。野洲川下流の左岸では最高峰を誇る。秋晴れの下、林道を使って標高420m付近の駐車地まで行く予定だったが、林道の崩壊により長壽寺付近の駐車地からの周回登山とした。御多分に漏れず藪漕ぎエスケープルートも入れての楽しい?山行となりました~?!
それではそんなこんなの山レポです(^^♪
f0348933_19184029.jpg
三景の家展望地より三上山をはじめ野洲川や周辺の眺望




f0348933_19345066.jpg
今回、林道崩壊のため長壽寺付近駐車地からの周回ルートとした(^^♪
f0348933_20134859.jpg
出発場所付近の国宝・長壽寺(ちょうじゅじ)
f0348933_19361371.jpg
暫く林道をのんびりハイク(^◇^)
f0348933_19374105.jpg
林道は崩落し通行止めとなっている(;^_^A
f0348933_19400603.jpg
崩落した林道を超えていく
f0348933_19404337.jpg
標高420m地点の林道分岐点。登山道入り口はここから5分。
f0348933_19411917.jpg
西寺林道から本格的な登山道に入る
f0348933_19414458.jpg
ショッキングイエローのウェアに身を包み颯爽と歩く守くんを先頭に軽快登山の一行!
f0348933_19420992.jpg
歩き始めて1時間20分、あじさいの丘休憩所に到着(*^^)v
f0348933_19453238.jpg
杉の大木を見上げつつ登る一行
f0348933_19463508.jpg
三景の家展望台分岐
f0348933_19473506.jpg
紅葉に包まれる三景の家(展望台)
f0348933_19481796.jpg
展望台からは三上山をはじめ野洲川や周辺の眺望が望める
f0348933_19490092.jpg
西寺からの道と合流する
f0348933_19493626.jpg
展望の峰を通過し山頂を目指す
f0348933_19501500.jpg
無線中継所の鉄塔がある山頂が見えてきた
f0348933_19510568.jpg
歩くこと1時間40分、晴天の阿星山山頂(標高693m)に到着!(^^)!
f0348933_19522374.jpg
山頂でご満悦の面々。カジュアルなみ~ちゃんの衣装はご容赦。とりあえずおつかれ~(^◇^)
f0348933_19532559.jpg
暫く山頂でランチを楽しんだ後、飯道山方面の景色を楽しんだ(^^♪
f0348933_19550110.jpg
山頂直下から見る湖南、金勝アルプス方面の眺望
f0348933_19563614.jpg
下山路で見上げる紅葉
f0348933_19580401.jpg
踏跡の少ない笹の中の登山道を下るが、スニーカーを履いたみーちゃんにはきつかったようだ...諦めて林道を下ることにした☺ 安全第一なのだぁ~(#^.^#)
f0348933_20032042.jpg
プチ藪漕ぎで笹の登山道から林道へと飛び出した~(^^)/
f0348933_20042776.jpg
暫く西寺方面への林道を下る
f0348933_20051187.jpg
阿星山ハイキングコースを下る
f0348933_20073748.jpg
そんなこんなで廃道になった林道のガードレールが現われる
f0348933_20090411.jpg
元野川砂防ダム、このダム下流から対岸の林道へエスケープした(*^^)v
f0348933_20110853.jpg
元野川を渡渉し東寺へと下る一行
f0348933_20122116.jpg
ゴール付近の長壽寺(ちょうじゅじ)に辿り着いたのは3時半。お疲れ~~(^_-)-☆
何はともあれ天気に恵まれ、制限時間内?に下山出来てよかったなぁ~
み~ちゃん、これに懲りずに次回の参加をお待ちしておりますよ~(^^)/
次回はスニーカーは駄目ですよ~( `・∀・´)ノヨロシク
それでは(@^^)/~~~


by yamaikitai | 2016-11-03 20:40 | 登山 | Comments(0)