山行隊(やまいきたいっ!)

yamaikitai.exblog.jp

毎日が山への想いで一杯! のんびり自然を愛でましょう(⌒ー⌒)ノ~~~

⊿ 愛知川水系 藤川谷 ⊿

【 日 付 】 2016年9月3日(土)  ≪日帰り≫
【 山 域 】 鈴鹿 愛知川水系 藤川谷
【 メンバー】 隊長:かめ 隊員:びわじぃ、ぶっち   計3名
【 天 候 】 曇り後晴れ
【 ル ー ト 】  藤川橋...登山道交差(入渓)...「藤川谷」...3m斜滝...10m滝-588m(8/18付近)で脱渓...登山道...藤川橋
【 行 程 】 移動距離:4.5km 高低差:300m 歩行時間:5時間20分(休憩&昼食含む)
【コ メ ン ト】 今回の沢旅は体調不良から復帰したびわじぃのリハビリと言うことで、東近江鈴鹿10座の一つ「日本コバ」を水源とする変化にとんだ初級クラスの藤川谷をシャワークラミングした。水量は少なく登りやすい滝が多くあり、登山道が並行してあるため安心して入渓できる初心や向きの沢でした~(*^^)v
しかし油断は禁物。ここには名物のヒルちゃんが沢山いるのでご注意を...(;^_^A
それなこんなの沢レポです(^^♪
f0348933_20305225.jpg
藤川谷最大の10m滝。マイナスイオンを沢山浴びたぞぉ~(●`・ω・)ゞ<ok!





f0348933_20301639.jpg
午前8時50分。日本コバ登山口より出発です(^^♪
f0348933_20372852.jpg
登山道を暫く登ると湧き水がある。思わずシャッターを押すびわじぃ(^<^)
f0348933_20385038.jpg
歩く事10分。登山道と沢が交差する入渓点に到着!
f0348933_20395357.jpg
入渓し暫く行くと初めての5m斜滝が現れる
f0348933_20410186.jpg
この斜滝を軽快に登る元気なびわじぃ(*^^)v
f0348933_20425901.jpg
釜を見ると泳ぎたがるぶっち。とうとうカエルになったようだ...?!
f0348933_20443994.jpg
緑の森の中に斜滝が続く
f0348933_20475986.jpg
沢の右岸にある大木の根から清らかな水が滴り落ちていた
f0348933_20500180.jpg
順調に遡上する一行
f0348933_20510970.jpg
続いて小さな連瀑帯が待っているのだぁ~(^◇^)
f0348933_20525333.jpg
なんとか攻略可能な3m滝が現れる
f0348933_20532959.jpg
果敢に攻略を試みるぶっちだったが、結局敗退を余儀なくされた。結果、左岸を巻くことに...
f0348933_20543868.jpg
少し下って踏み跡のある左岸を巻いた
f0348933_20561306.jpg
左岸の急峻な巻き道
f0348933_20573326.jpg
ようやく巻き道を下っりホッとするや否や眼前に4m滝が現れた~~~ ガーン!! なんじゃこりゃ~! 登れるかなぁ~??? 左から取りついてみたが危険なので早々に巻き道へGo! ここでも安全第一だぁ~~(^^♪
f0348933_21013474.jpg
でっ、巻き道から懸垂下降で滝の上部へ無事に到着する一行であった!(^^)!
f0348933_21045798.jpg
懸垂下降した地点より上流は廊下(ゴルジュ)となり奥には2m滝も見える
f0348933_21064469.jpg
続いて最大の難関10m滝に到着(^^♪
f0348933_21080873.jpg
暫し滝の景色を堪能(*^^)v
f0348933_21110050.jpg
ここも左岸を巻いて10m滝上部に到達し、滝口から俯瞰した景色!
f0348933_21122996.jpg
上部には緩やかな清流が続く
f0348933_21132515.jpg
綺麗な斜滝が現れたのでここでランチタイムとしよう!
f0348933_21142749.jpg
ランチの合図にピースサインで応えるびわじぃ
f0348933_21153213.jpg
11時30分、早速アワワ付のランチタイムが始まるのであった
f0348933_21164206.jpg
ランチを終えてお腹も一杯になり張り切って登りましょう🎶
f0348933_21190757.jpg
緑と岩のコントラストが美しい風景に出会えます!
f0348933_21203809.jpg
深い釜もあるので泳げば~~??!
f0348933_21214011.jpg
今日はすこぶる元気なびわじぃが積極的に滝を登るのです。はいっ!!
f0348933_21230638.jpg
思わず笑顔でピースサインを出すびわじぃ。病み上がりとは思えぬほどに元気満タンですね~(●`・ω・)ゞ<ok!
f0348933_21260046.jpg
沢屋びわじぃは先頭を行く
f0348933_21270486.jpg
階段状の滝もなんのその!!
f0348933_21280496.jpg
大岩が増えてきた沢を登ります
f0348933_21285612.jpg
凹凸の岩盤を流れる清流を遡上
f0348933_21302902.jpg
大きな岩で歩きにくくなり、そろそろ登山道へ合流しましょうか...??!
f0348933_21314797.jpg
登山道へ出た一行は沢装備を解除し、日本コバまでの道のりを標識で確認した。これより100分かかるとの表示の為、一気に士気が下がる一行であった。元気なびわじぃは山頂まで行きたかったようだが、ここは安全を見て下山することとした。ここでも安全第一なのよね??! はいっ!!!
f0348933_21363516.jpg
脱渓地点より少し登山道を下ったポイント標識。半分も行ってなかったのね 下山して正解か...??!
てなわけで無事に下山することが出来ました。めでたしめでたし(^^♪
すこぶる快調なびわじぃは懸垂下降も難なくこなし、危なげなく沢登りを締めくくった。
だが、お土産を沢山引き連れて下山したため駐車場では悲鳴が響いていたことは言うまでもない...
そして、かめ邸でも同様の被害が出たことも付け加えておく...(´;ω;`)
それでは(@^^)/~~~


Commented by biwaco06 at 2016-09-07 09:58
またまたお世話になりました。<m(__)m>
ブログ後半はまるで爺の独演ショーですね!
久しぶりの懸垂には胸がドキドキ。発作が起きないかと心配になりました。(@_@。

ありゃま! 「名物」をお宅まで持ち帰りましたか(゜o゜)
この時期の鈴鹿の沢、望まぬ”お土産”も断りきれませんね。
またの機会をお待ちしてます。

※Buchiくん、メットのレスキューありがとうさんでした。くれぐれも滑落には注意!ですね(^_-)
Commented by yamaikitai at 2016-09-07 15:36
びわじぃさま
本当に元気なご復帰、心より歓迎申し上げまする~<m(__)m>
おまけにヒルのお土産まで頂まして...(´;ω;`)
また次回は何が飛び出すか、楽しみだぁ~(*^-^*)
by かめ
by yamaikitai | 2016-09-06 21:51 | 沢登り | Comments(2)