山行隊(やまいきたいっ!)

yamaikitai.exblog.jp

毎日が山への想いで一杯! のんびり自然を愛でましょう(⌒ー⌒)ノ~~~

△ 名瀑望む双門コース(弥山~八経ヶ岳~明星ヶ岳周回) △

【 日 付 】 2016年 5月14日(土)~15日(日)  1泊2日
【 山 域 】 大峰山系  八経ヶ岳(標高1915.2m)
【 メンバー】 隊長:かめ  隊員:嵩ちゃん、きみ、ぶっち   計4名
【 天 候 】 両日とも概ね晴れ
【 ル ー ト 】 1日目:熊渡…白川八丁…(一ノ滝~三ノ滝)…双門の滝(名瀑百選)…河原小屋跡…狼平避難小屋(泊)
     2日目:狼平避難小屋…弥山(標高1895m)… 弥山小屋…八経ヶ岳(標高1915.2m)… 明星ヶ岳(標高1894m)…… カナビキ尾根分岐…カナビキ尾根…金引橋 … 熊渡
【 行 程 】 水平移動距離:20.4km 高低差:1235m 歩行時間:29時間50分(1泊2日、休憩&食事含む)
【コ メ ン ト】 今回の山旅は弥山川に沿って弥山まで登り、絶壁・やせ尾根に設置された無数の梯子を登り続けるハードコース。日本の滝百選に選ばれた双門の滝を絶壁の上から眺めたり、その滝から弥山までも河原歩き、高巻き、鎖場と起伏に富んだルートを歩いた。今回は八経ヶ岳から明星ヶ岳を周回するのであった♪
それなこんなの山レポです(^^♪
f0348933_20563996.jpg
吊橋からの一の滝の景色(^^♪




f0348933_21013048.jpg
熊渡に駐車して暫く林道を歩くと双門コースの案内板がある。この横の看板には恐ろしい忠告文が....(;^_^A
f0348933_21050192.jpg
カナビキ林道分岐より白川八丁へ。広い河原を歩いて釜滝へ向かう
f0348933_21065841.jpg
釜滝
f0348933_21111325.jpg
双門弥山線歩道(双門コース)の案内板
f0348933_21121393.jpg
危険なトラバースもあり上級者向きのルート
f0348933_21131936.jpg
そして何度も渡渉を繰り返す。バックパックが重いのでジャンプが大変だぁ~(´;ω;`)
f0348933_21152707.jpg
時にはこんな岩をへつります(^^♪
f0348933_21165805.jpg
橋を目前に岩を越えていく
f0348933_21213215.jpg
そして一ノ滝が現れた~(^^)/
f0348933_21223313.jpg
狼平への案内板
f0348933_21231012.jpg
登山道脇にはギンリョウソウ(ユウレイタケ)
f0348933_21242949.jpg
長~い階段が延々と続く...
f0348933_21252501.jpg
ヤセ尾根に掛かる梯子を登る
f0348933_21260647.jpg
目の前に現れた巨岩
f0348933_21270330.jpg
長~い階段を余裕で登るぶっち。そろそろ階段にも飽きてきた~(-_-;)
f0348933_21284445.jpg
岩壁の鎖場を行く
f0348933_21413057.jpg
振り返ると右に稲村ヶ岳や左に大観峰が見える
f0348933_21435243.jpg
仙人嵓前のテラスより見る双門滝
f0348933_21452781.jpg
テラスを後にして左へ巻いていくと視界が開け展望の良い場所に出た。ここで暫しの休息をとる
f0348933_21473189.jpg
再び綺麗な水の弥山川に降り立った
f0348933_21485100.jpg
崩壊した河原小屋跡を行く
f0348933_21511872.jpg
渓谷美
f0348933_21520114.jpg
渓谷沿いに鉄の階段は続く...(;^_^A
f0348933_21524747.jpg
そして次の試練、通称「鬼のはしご」を越えていく
f0348933_21554505.jpg
最後の試練、空中回廊。鉄杭を岩に打ち付けただけの道を行く
f0348933_21573760.jpg
空中回廊を上から見てみる
f0348933_21583382.jpg
今度は振り返って横から
f0348933_21592140.jpg
そして花に癒される
f0348933_22004126.jpg
午後2時40分。吊橋を渡り狼平に到着!
f0348933_22040205.jpg
今宵の宿狼平避難小屋。今回も1番乗りだった~(*^^)v
f0348933_22055030.jpg
2日目の午前6時、弥山へ向け整備された木道を登る
f0348933_22072890.jpg
ここは大黒岩
f0348933_22082358.jpg
木漏れ日の森
f0348933_22094189.jpg
弥山より望む八経ヶ岳
f0348933_22113545.jpg
弥山小屋前の弥山案内板前にて
f0348933_22140742.jpg
国見八方覗より雲海を望む
f0348933_22153058.jpg
近畿の最高峰、八経ヶ岳山頂にて
f0348933_22161994.jpg
八経ヶ岳より明星ヶ岳を臨む
f0348933_22165532.jpg
八経ヶ岳より歩いてきた弥山を振り返る
f0348933_22183207.jpg
そして八経ヶ岳より明星ヶ岳に向け稜線を進む
f0348933_22201447.jpg
歩いてきた弥山の稜線と鋭鋒の頂仙岳
f0348933_22222177.jpg
弥山辻
f0348933_22231811.jpg
明星ヶ岳
f0348933_22241450.jpg
明星ヶ岳より釈迦ヶ岳方面の眺望
f0348933_22250099.jpg
明星ヶ岳より快調に尾根を下り高崎横手に到着
f0348933_22262669.jpg
新緑の森の稜線を行く
f0348933_22281007.jpg
カナビキ尾根への分岐点
f0348933_22310508.jpg
カナビキ尾根を下るぞぉ~
f0348933_22403225.jpg
カナビキの急斜面を下る一行
f0348933_22471084.jpg
シャクナゲ、見っけっ!
f0348933_22475637.jpg
またまたシャクナゲ(^^♪
f0348933_22490575.jpg
カナビキと白川八丁への分岐点に到着
f0348933_22494559.jpg
帰りに立ち寄った天の川温泉
今回も避難小屋にお世話になったが、夕方になると結構込み合います。
やはり早出早着に限りますね。
我々は前夜泊したので余裕で駐車できたが、熊渡の駐車地も数が少なくこれまた早めの到着が望ましい!
天気に恵まれ最高の山旅でした。
しかし、1日目はかなり時間も長くハードだった。余裕を持った計画を心がけよう!
それではまた(@^^)/~~~


by yamaikitai | 2016-05-17 23:01 | 登山 | Comments(0)