山行隊(やまいきたいっ!)

yamaikitai.exblog.jp

毎日が山への想いで一杯! のんびり自然を愛でましょう(⌒ー⌒)ノ~~~

△ 東北トリップ(吾妻連峰、磐梯山、安達太良山) △

10月某日、東北は福島県の百名山を巡る山旅(個人山行)をレポ。
訪れた西吾妻山は吾妻連峰の最高峰で米沢市と福島県耶麻郡北塩原村との境をなす。岩盤を覆う西大巓火山岩類をさらに新期火山噴出物が覆っているためなだらかな山容。全山針葉樹原生林に覆われ亜寒帯林相を呈している。
山頂の展望は利かないが、西に見晴台があり北の天狗岩には吾妻神社が祭られる。
磐梯山は爆裂で出来た多くの大小の湖沼を見ながらの山行で登山ルートは6つある。今回は最短ルートのゴールドラインを利用した八方台口で2時間弱の山行で、山頂からは360°遮るものの無い大展望を楽しんだ。
また、最後には高村光太郎の智恵子抄で有名な安達太良山(乳首山)を登り、思い出深い東北の山行を締めくくった。
今回は備忘録としてブログにアップ。
山行隊と行く機会があれば現地を案内しますね♬
そんな山旅を御参考までに♪
f0348933_21014926.jpg
東北に向かう飛行機の窓から見た富士山の眺望。なかなかええやん♬




f0348933_21083797.jpg
晴天の中、福島から磐梯吾妻ラインをレンタカーで快走し、訪れた天狗の庭。ここから見る吾妻小富士の眺望。美しい山容に感激♬
f0348933_21141126.jpg
吾妻小富士の登山口の浄土平に到着。
f0348933_21151861.jpg
浄土平から走ってきた道路を振り返ると荒涼とした風景が広がっている
f0348933_21155036.jpg
浄土平の荒涼とした景色。火山の噴火レベルが「2」のため入山規制あり。
f0348933_21184680.jpg
続いて訪れた裏磐梯の秋元湖。紅葉の素晴らしい風景が広がる
f0348933_21210432.jpg
磐梯吾妻レークラインから見る磐梯山の眺望。
f0348933_21223354.jpg
快調におんぼろレンタカーを走らせやってきた檜原湖畔。ここでも紅葉が綺麗だった。
f0348933_21243553.jpg
美しい檜原湖畔の風景が広がる
f0348933_21254772.jpg
お待たせしました。檜原湖から西吾妻スカイバレーを直走りやって来た天元台高原(標高1350m)。湯元駅から天元台ロープウェイであっという間に到着。ここよりリフトを乗り継ぎ登山口に向かう。
f0348933_21300721.jpg
リフトに乗り登る途中で偶然カモシカの親子に遭遇。超ラッキー♬
f0348933_21320365.jpg
リフトを乗り継ぎ登山口より歩いて30分。ここ人形石に到着。ここからは東吾妻山方面の連峰を見ることが出来た。
f0348933_21345878.jpg
西に目をやると西吾妻山全景が飛び込む
f0348933_21360649.jpg
西吾妻山目指し木道を行く
f0348933_21371341.jpg
時には石畳を歩く
f0348933_21374856.jpg
草紅葉の中の木道を行く
f0348933_21383647.jpg
大凹の水場
f0348933_21392623.jpg
梵天岩に到着
f0348933_21400499.jpg
梵天岩より東吾妻山方面の眺望
f0348933_21403374.jpg
梵天岩に腰をかけて歩いてきた方面を振り返る
f0348933_21414965.jpg
天空に広がる天狗岩に到着
f0348933_21424671.jpg
天狗岩から見る西吾妻山山頂部
f0348933_21435582.jpg
西吾妻山山頂(標高2035m)に到着。山頂部は樹林に囲まれて展望なし
f0348933_21450884.jpg
山頂を後にして草紅葉の中を西吾妻小屋に向け木道を歩く
f0348933_21461243.jpg
西吾妻小屋
f0348933_21464481.jpg
天狗岩に戻ってきた
f0348933_21472722.jpg
下山途中のカモシカ展望台
f0348933_21475344.jpg
リフト横の安全の鐘に戻ってきた

f0348933_07460564.jpg
百名山2座目、八方台登山口より磐梯山を目指す
f0348933_07471258.jpg
暫く白樺林の緩やかな登山道を行く
f0348933_07484466.jpg
中ノ湯温泉跡
f0348933_07483147.jpg
阿部小屋と弘法清水小屋ある弘法清水に到着
f0348933_07512522.jpg
弘法清水付近から見上げる磐梯山
f0348933_07534858.jpg
磐梯山山頂から見る裏磐梯の荒々しい景色
f0348933_07551381.jpg
山頂より山頂直下の岡部小屋を俯瞰
f0348933_07554941.jpg
山頂直下の標識で地元の山ガールに撮ってもらった一枚。
f0348933_07580628.jpg
山頂でプチランチを終え弘法清水に向けて下る
f0348933_07592623.jpg
下山で立ち寄った中ノ湯の源泉。手を浸けてみると丁度良い温度。野天湯好きにはたまらないが今回の入浴はパス。
f0348933_08020424.jpg
宿泊した岳温泉街のメインロード。
f0348933_08033112.jpg
東北の百名山の3座目を目指し安達太良奥岳登山口より登る
f0348933_08050303.jpg
快晴の中を登る
f0348933_08065656.jpg
強風が吹く中、五葉松平に到着。奥に見えるは安達太良山山頂部。
f0348933_08082197.jpg
続いてやって来た薬師岳。ここでもかなりの強風。
f0348933_08101615.jpg
薬師岳から見る登山口方面の眺望
f0348933_08104954.jpg
薬師岳から見る安達太良山(乳首山)。山頂部はかなり寒そう!
f0348933_08114447.jpg
ほんとの空が見たかった
f0348933_08123272.jpg
登山道から見え隠れする安達太良山(乳首山)山頂
f0348933_08183853.jpg
仙女平に到着。雲行きが怪しくなってきた...
f0348933_08135732.jpg
ガスってしまった安達太良山山頂部。ガスが消えるまで暫く待つが寒さと強風で撤退(T-T)
f0348933_08160674.jpg
今宵の宿、くろがね小屋目指し下山。ここは分岐の峰の辻。
f0348933_08194554.jpg
登山道よりくろがね小屋が見えた
f0348933_08260341.jpg
てな訳でほっこりくろがね小屋の源泉風呂に入湯。貸し切り状態でゆっくり出来た~ 州´ー`州 マッタリ
f0348933_08330404.jpg
山小屋を出て馬車道を下る
f0348933_08350182.jpg
峰の辻分岐
f0348933_08352791.jpg
馬車道には霜柱。そりゃ寒いわなぁ~~~
f0348933_08364286.jpg
勢至平を通り、旧道を下りながら無事に奥岳登山口に帰着。
紅葉には少し遅いようだったが東北の百名山を存分に満喫した。
それとやはり温泉は最高。自宅に戻っても暫く硫黄臭が漂っていた。
それほど泉質は良かったのだろう...
ということで、次回のトリップも期待しよう...??!
それでは(⌒∇⌒)ノ""マタネー!!


by yamaikitai | 2015-10-29 22:10 | 登山 | Comments(0)