山行隊(やまいきたいっ!)

yamaikitai.exblog.jp

毎日が山への想いで一杯! のんびり自然を愛でましょう(⌒ー⌒)ノ~~~

△ 和気アルプス(表銀座コース) △

6/20(金)、岡山県は和気町の和気アルプスへ立ち寄りました。
北アルプスの山々に似た名前のピークがいくつもあり、何時かは行こうと考えてはいたもののつい遠いので億劫になっていたのですが、用事もあり今回の山行と相成りました。
当日は天気も良く、暑いのなんの...やはりこの山は春先か晩秋くらいが良さそうですね。
そんなこんなの山旅をどうぞ御覧あれ。

f0348933_22362472.jpg
JR和気駅をおりて数分歩くと川に架かる橋がありそこから見上げた和気富士です。
f0348933_22413731.jpg
今回の登山ルートは定番の表銀座ルート。因みにこれは登山口の猪プレート。この猪プレートを巡り山旅は続きます。
f0348933_22445289.jpg
最初に登った権現岩の全景。ピークには権現岩と言う岩場があり展望抜群です。
f0348933_22463028.jpg
一つ目のピーク権現岩から見る街並み
f0348933_22491124.jpg
和気富士(城山)山頂。冬から春は展望がよく、ツツジの名所。
f0348933_22521457.jpg
和気富士山頂より少し下ったところに北曽根城跡の案内があります。
f0348933_22544353.jpg
烏帽子岩。360°見渡せる楽しい岩場。
f0348933_22561961.jpg
こちらは観音山。“和”文字焼きの山。“和”の中を横断し、山頂に登れる。火床のブロックが沢山あります。
f0348933_23000897.jpg
岩山から見た景色。展望所手前の岩場の下にはクライミングゲレンデや隠れルートがあるそうです。
f0348933_23023007.jpg
こんなルートを歩きます。
f0348933_23331652.jpg
岩のルート。
f0348933_23373604.jpg
馬の背
f0348933_23070056.jpg
穂高山。奥に見えるは竜王山バットレス(崖壁)。
f0348933_23085373.jpg
穂高山から見る竜王山。ここからの展望は最高。ダイレクトルンゼ、ホダカガリー等のバリエーションルートを持つ岩塊山。和気アの南の重鎮。
f0348933_23103562.jpg
涸沢峰。竜王山への分岐峰。北のジャンダルムが厳めしい。
f0348933_23122502.jpg
早速、竜王山、小竜王へピストン。小竜王より見た穂高山から涸沢峰の大岩壁。
f0348933_23142821.jpg
気持ちの良い稜線上のルート。
f0348933_23162523.jpg
続いてジャンダルム。期待していたジャンダルムでは...無かった...。
f0348933_23193187.jpg
奥ノ峰(鵜飼谷北稜ルートの分岐峰)より見た槍ヶ峰。
f0348933_23224581.jpg
和気アルプスの最高峰の神ノ上山で記念撮影してもらった地元の登山者とプロの登山家。確か名前は「yakousei」と言っていた。ヤマレコで検索してみてね。また、山頂からはたまには北の那岐山が見えるらしい。
f0348933_23284709.jpg
剣峰から見たルート全景。山頂は展望の良い岩場で、南側に好アルペンルートのザイテングラードを持つ和気アルプスの北の俊英。
f0348933_23295741.jpg
待ってました!いよいよゼイデングラードへの入口です。
f0348933_23353703.jpg
急な下降が続きます。
f0348933_23391713.jpg
岩壁を下ります。
f0348933_23401505.jpg
カニのヨコバイ
f0348933_23404074.jpg
カニのタテバイ
f0348933_23412358.jpg
岸壁が続きます。
f0348933_23420158.jpg
岩壁
f0348933_23425889.jpg
下山後、立ち寄った和気鵜飼谷温泉。

アルプスにちなんだ名前のピークや色々変化に富んだルートで面白かったです。
天気が良くて暑かったので水分消費が激しかった。次はもっと涼しい時期に来ることにしよう!!
次回は皆さんと一緒に行きましょう♬
それでは(⌒∇⌒)ノ""マタネー!!

Commented by biwaco at 2014-06-27 13:59 x
松の木や灌木に覆われたジャンダルムや、ザイテングラードにカニのヨコバイやタテバイがあったり…なんでもありのパラダイスですね~(@_@;)
これは安直な夏山でなく、厳冬期に攻めないとあかんなあ…(^_-)
Commented by yamaikitai at 2014-07-03 20:53
いやはや、暑かったのなんのって!
しかし、洒落た名前には感心させられますね~
間違いなく、お勧めのコースです!
厳冬期にでもお誘いしますのでその時は良しなにヾ(^_^)
by yamaikitai | 2014-06-23 23:51 | 登山 | Comments(2)