山行隊(やまいきたいっ!)

yamaikitai.exblog.jp

毎日が山への想いで一杯! のんびり自然を愛でましょう(⌒ー⌒)ノ~~~

☆ 8月山行予定 ☆

① 8/4(土)~5(日) 驚異の透明度・前鬼ブルーへ 1泊2日 (宿坊 or テント泊) 荒天の場合は翌週へ変更
 
② 8/17(金)~19(日) 黒部川源流域・赤木沢遡行 (前夜(木曜)発2泊3日) 
  前夜  かめ邸22時~有峰林道ゲート前(4時間30分:車中泊)
  1日目 折立~五光岩ベンチ~太郎平小屋~左俣出合~薬師沢小屋(7時間20分)
  2日目 薬師沢小屋~奥ノ廊下~赤木沢出合~赤木沢大滝~中俣乗越~北ノ俣岳~太郎平小屋(10時間)
  3日目 太郎平小屋~五光岩ベンチ~折立(3時間10分)
  ※ お勧めポイント:美しい渓相、黒部川源流域の大自然を満喫、赤木沢源流付近のお花畑などなど...(^_-)
  
③ 8/25(土)~26(日) 西日本を代表する奥飛騨の滑沢・沢上谷(そうれだに)スペシャル企画で雄大な渓谷美を堪能下さい(^_^)/~
  (天気次第でどちらかの日程で日帰り遡行します。日帰り参加も可能! 尚、初級者対象で泳ぎはありません)
  宿泊:四十八滝キャンプ場(丸太バンガロー)& しぶき温泉♨
  
f0348933_15035468.jpg
宇津江四十八滝:標高1,200mの滝上川を源として流れ出す四十八滝川は、急峻な谷あいに数々の伝説を秘めた大小無数の滝を造り出しました。 苔むす大樹や岩をぬい、水煙を上げて落下する滝群は、四季折々に装いを変え、まさに秘境そのもの。


奮ってご参加くださいませ!
それではお待ちしております...(*^-^*)



# by yamaikitai | 2018-08-15 15:04 | 予定 | Comments(0)
【 日 付 】 2018年8月5日(日)  ≪前日泊日帰り≫
【 山 域 】 北山川水系 前鬼川本谷
【 メンバー】 隊長:かめ  隊員:びわじぃ、ひさおさん、きみえちゃん、きょうみちゃん、ごえもん、たかさん、ぶっち、きみ   計9名
【 天 候 】 晴れ
【 ル ー ト 】 前鬼林道駐車地...黒谷...前鬼川出合...2段10m...滑床120m...不動滝...箱状廊下...垢離取場(こりとりば)...(往復)
【 行 程 】 歩行距離:7.8km 高低差:140m 歩行時間:6時間8分(休憩&昼食含む)
【コ メ ン ト】 今回の沢旅は大峰屈指の清流、前鬼川。沢登りと言うよりは沢歩き的な要素が強く川幅一杯に広がるナメ滝が心地よい。昨年に引き続き、隊員からのリクエストに応えて今年もやってきた。奥深い大自然の恵みを沢山頂いた沢旅でした。
朝から多くの沢屋で賑わう駐車地では鈴ハイの方々とびわじぃが笑談していた。びわじぃの顔の広さと共に前鬼川の人気度を再認識したのであった(^-^;
P.S 2段10mから上では特に滑りやすいところが出てくるので要注意ですよ...💦(@_@) 
それなこんなの山レポです(^^♪
f0348933_07580381.jpg
前鬼ブルーの中では何とも幻想的なアワアワなソーダが浮遊する...(^○^)


△ 前鬼川 ブルー&ソーダを堪能 △の続きはこちらから...
# by yamaikitai | 2018-08-07 08:43 | 沢登り | Comments(0)

☆ 9月山行予定 ☆

2018年 山行隊山行計画(案)        プロデュース by biwa爺
<1>南アルプス南部/易老渡~光岳~聖岳周回(テント、小屋2泊)
日時=8月下旬~9月初旬
ルート=①県道北又渡・芝沢ゲートP-易老渡-易老岳-光小屋(泊) 8時間
②光小屋-易老岳-茶臼岳-上河内岳-聖平小屋 9時間
③聖平小屋-前聖岳-薊畑-西沢渡-易老渡-芝沢ゲート 10時間
アクセス/名神~中央道「飯田」IC=「三遠南信道」をR152上島トンネル手前右折。下栗から北又渡発電所の先に芝沢ゲートと駐車場(トイレなし)。易老渡まで5km。近江八幡前夜発か早朝5時発。
宿泊/装備=テント泊(または小屋素泊まり)。テント(ツエルト)、シュラフなど寝具、ヘッデン、夏山装備一式。

<2>中央アルプス/菅台~木曽駒ヶ岳~空木岳周回(避難小屋1泊)
日時=9月中旬~下旬
ルート=①菅台-しらび平-千畳敷-宝剣岳-檜尾岳(泊) 6時間
②檜尾岳-木曽殿小屋-空木岳-池山尾根-駒ヶ根スキー場-菅台 9時間
アクセス/中央道「駒ヶ根」IC~菅台BP。しらび平からロープウエー。
宿泊/装備=避難小屋泊。シュラフなど寝具一式。食料、火器類。ヘッデン、夏山装備一式、あればツエルト(予備用)

<3>白山縦断/平瀬道から北縦走路(避難小屋1泊)
日時=7月下旬~8月上旬(来年にでも)
ルート=
①車デポ/馬刈=白水湖-大倉山避難小屋-御前峰(山頂めぐり)-中宮別れ-お花松原-ゴマ平避難小屋(泊) 10時間
②ゴマ平小屋-妙法山-野谷荘司山-馬刈 8時間
(※車回収/馬刈=国道平瀬=白水湖)
アクセス/名神「一宮」JCT-東海北陸道「白川郷」IC-ホワイトロード入口「馬刈」(車デポ)-白川郷-R156-荘川登山口-白水湖
宿泊/装備=避難小屋1泊。シュラフなど寝具一式。食料、火器類。ヘッデン、夏山装備一式、あればツエルト(予備用)



奮ってご参加くださいませ!
それではお待ちしております...(*^-^*)



# by yamaikitai | 2018-07-29 18:45 | 予定 | Comments(0)
【 日 付 】 2018年7月22日(日)  ≪日帰り≫
【 山 域 】 鴨川水系 八池谷(八淵の滝)
【 メンバー】 隊長:嵩ちゃん  隊員:びわじぃ、kitayama walkさん、ぶっち、かめ   計5名
【 天 候 】 晴れ
【 ル ー ト 】 ガリバー旅行村...魚止(うおどめ)の滝...障子(しょうじ)の滝...唐戸(からと)の滝...大摺鉢(おおすりばち)...ガリバー旅行村
【 行 程 】 歩行距離:3.7km 高低差:128m 歩行時間:3時間30分(休憩&昼食含む)
【コ メ ン ト】 今回の沢旅はその名の通り8つの淵が連なり、『日本の滝百選』にも選ばれている名瀑を遡上。それぞれ違った表情を持つ滝と、その滝口には美しい淵が待ち受ける。ガリバー青少年旅行村から登山道を500mほど上がった所に滝の登り口があり、ここから鞍部をのっこし下流の沢へダイレクトに入渓。そこには大自然のフィールドが広がり我々を待ち受けるのであった...(^_-)
それなこんなの沢レポです(^^♪
f0348933_17391221.jpg
今回参加のメンバー、今日も張り切ってどうぞぉ~(*^▽^*)


△ 比良の名渓 八池谷(八淵の滝) △の続きはこちらから....
# by yamaikitai | 2018-07-29 18:25 | 沢登り | Comments(7)
【 日 付 】 2018年7月15日(日)~16日(月)  ≪日帰り≫
【 山 域 】 富士山 剣ガ峰(標高3,776m)
【 メンバー】 隊長:かめ  隊員:ゆきちゃん、ぶっち、きみ   計4名
【 天 候 】 晴れ
【 ル ー ト 】 1日目(0.5km):富士宮口五合目 ...六合目(1泊)
2日目(15.7km):六合目 ...小平地(小屋跡)...新七合目 ...元祖七合目 ...八合目 ...九合目 ...九合五勺 ...駒ヶ岳 ...3765m地点 ...剣ヶ峰 ...3765m地点 ...3693m地点 ...久須志神社 ...下山道標識 ...本八合目 ...八合目(下江戸屋分岐)...緊急避難所(石室)...2638m地点 ...獅子岩 ...下山道出口 ...六合目 ...泉ヶ滝 ...スバルライン五合目 ...堰堤 ...ベンチ ...御庭(御庭山荘跡)...奥庭(御庭)...奥庭荘(1泊)
3日目(6.4km):奥庭荘 ...屈曲点 ...三合目 ...棧敷山 ...二合目 ...一合目    
【 行 程 】 歩行距離: 22.6km  高低差:2417m 歩行時間:13時間(休憩&昼食含む)
【コ メ ン ト】 今回の山旅は日本の山岳中、群を抜いた高さを誇る世界文化遺産の富士山。どこから眺めても円錐形の均整のとれた姿は美しく、年間を通して人々の目を楽しませてくれる。日本で一番高い山、美しい山であれば、一生に一度は登ってみたいとの声もあり、折角なので樹海を経由して富士山を思いっきり楽しむことにした(#^.^#) 山小屋や石室には外国の人々も山頂を目指して登り、山は一大リゾート化し5合目のターミナルでは大混雑(@_@) 
それなこんなの山レポです(^^♪
f0348933_22351655.jpg
日本最高峰の富士山剣ヶ峰(標高3776m)


△ 夏の富士山を登る △の続きはこちらから...
# by yamaikitai | 2018-07-28 23:38 | 登山 | Comments(0)

△ 活火山の十勝岳 △

【 日 付 】 2018年7月8日(日)  ≪日帰り≫
【 山 域 】 大雪山系十勝岳連邦 十勝岳(標高2,077m)
【 メンバー】 隊長:かめ  隊員:みっちゃん、きみ   計3名
【 天 候 】 晴れ
【 ル ー ト 】 吹上温泉...雲ノ平分岐... 昭和噴火口 ...十勝岳 ...昭和噴火口 ...雲ノ平分岐 ...吹上温泉
【 行 程 】 歩行距離:12.4km 高低差:1061m 歩行時間:6時間57分(休憩&昼食含む)
【コ メ ン ト】 北海道遠征3日目の山旅は大雪山系十勝岳連峰の主峰、現在も火山活動が続く十勝岳。活火山ならではのダイナミックな景観を楽しみながら十勝岳山頂を目指します。頂上からは周辺の山々の姿や、裾野に広がる町の大パノラマを眺めることができます。
それなこんなの山レポです(^^♪
f0348933_22270351.jpg
北海道遠征3日目に訪れた十勝岳(*^^)v 晴天の下、荒々しい山容と絶景に只々感激(^_-)-☆


△ 活火山の十勝岳 △の続きはこちらから...
# by yamaikitai | 2018-07-24 22:49 | 登山 | Comments(0)

△ 花の富良野岳 △

【 日 付 】 2018年7月7日(土)  ≪日帰り≫
【 山 域 】 大雪山系十勝岳連峰 富良野岳(標高1,912m)
【 メンバー】 隊長:かめ 隊員:みっちゃん、きみ  計3名
【 天 候 】 曇り時々晴れ
【 ル ー ト 】 十勝岳温泉 ...三段山分岐 ...上ホロ分岐 ...富良野岳分岐 ...富良野岳 ...富良野岳分岐 ...上ホロ分岐 ...三段山分岐 ...十勝岳温泉
【 行 程 】 歩行距離:10.6km 高低差:641m 歩行時間:5時間30分(休憩&昼食含む)
【コ メ ン ト】 北海道遠征2日目の山旅は十勝連峰最南端の山、富良野岳。北に険しい尾根を引いた姿が魅力的だ。十勝連峰中では最も花の多い山であり、人気は高い。フラヌとは匂いのあるという意味で、ヌッカクシフラヌイ川を指しているのだろうか。本来のアイヌ名はオッチシパンサイウシベ「下の峠山」とのこと。登山の出発点は人気の十勝岳温泉から安政火口手前で沢を渡り、長い斜めの登りで尾根へ出て富良野岳へ。頂上まで3時間30分。時折、ミストの中にも関わらず、雨には遭わずにちょっとだけラッキーな一日だった...(^^;)
それなこんなの山レポです(^^♪
f0348933_20515688.jpg

富良野岳山腹に沢山咲いていたハクサンイチゲ(*^^)v


△ 花の富良野岳 △
# by yamaikitai | 2018-07-24 21:13 | 登山 | Comments(0)